FC2ブログ
アプネタリウム
apnetarium

スマホゲームのレビューから攻略情報など紹介しています。

「なんてこった!ありったけの弾薬を持って来い!」硝煙立ち込める前線はもはや死線。

2019年01月14日
おすすめゲーム感想・評価
ドールズフロントライン(ドルフロ)を遊んでみてのゲーム紹介と感想を記事にしています。ドルフロのゲーム概要や特徴・楽しみ方などをまとめてみました。気になる方は是非チェックしてみてください。
ドールズフロントライン
ドールズフロントライン
開発元:Sunborn Japan Co., Ltd
無料
posted withアプリーチ


2-27772cb32f9b-01.gif

【ドルフロ】ってどんなゲーム?

20190114123223-01.png

「ドルフロ」はキャラの強さのみで突破できるゲームではなく強く育成したキャラ(ユニット)をプレイヤーは部隊編成し戦術的にどのように動かして行くのか、といったプレイヤーの思考力が試される戦術シュミレーションゲームです。

類似のチビキャラゲーム:【プラエデ】面白い?遊んでみての感想・評価

個性的な「戦術人形」が戦場での戦闘ユニット

20190114123004-03.png

「ドルフロ」の硝煙立ち込める前線へ参加するキャラ(戦術人形)は200体以上です。目当てのお気に入り「戦術人形」が獲得出来れば「ドルフロ」の豊富な育成コンテンツを駆使して存分にプレイヤーは「戦術人形」の育成強化が楽しめます。

登場する多彩な「戦術人形」は、容姿、能力、特性など様々でプレイヤーの目的に合わせて「戦術人形」を抜擢してゆくことができます。

また、キャラ獲得で頻繁に用いられるガチャ要素が他のスマホゲームと「ドルフロ」は異なるため、特に「リセマラ」などは必要ありません。

ゲームを進めてゆけば「戦術人形」は報酬でドロップされ、それなりに揃ってくるので気にせずどんどんゲームを進めてゆきましょう。

部隊編成は慎重且つ大胆に

20190114130548-04.png

「戦術人形」が何体か成長してくると複数の部隊に編成することができます。

編成には各キャラの特徴を活かした配置を行うことで陣形効果が発揮できるので戦闘を有利に進める上で部隊編成は非常に重要なポイントになってきます。

前線は本格的な戦術シュミレーション

20190114123836-09.png

戦闘はアナログボードゲームの様なマップが戦闘フィールドとなっています。
プレイヤー陣営と敵陣営でのターン制シュミレーションとなり、部隊を投入してルートを確保、拠点、飛行場を制圧しつつ、守備部隊、迎撃部隊、進撃部隊を展開して敵司令部を目指します。

敵部隊に接触すればもちろん戦闘となるので、プレイヤー部隊の消耗状況と弾薬残数に注意しながら戦闘か?退避か?合流か?を選択しながら作戦を進め、勝利を目指します。

カテゴリ:おすすめゲーム感想・評価

20190114123414-05.png

【ドルフロ】の楽しみ方


基本的に「戦術人形」を育成強化しながらメインクエストを進めてゆくことで「ドルフロ」の世界観やターン制シュミレーションでの駆け引きをプレイヤーは堪能できます。

重厚なメインストーリー
「戦術人形」の育成強化
戦術シュミレーション(戦闘)
サブクエストや限定イベント
アイテム収集

など、ボリュームある多彩なゲームコンテンツが用意されています。
プレイヤーの遊び方に合わせて楽しめるようゲームバランスも工夫されているのでプレイヤーは自由に遊ぶことができ、シュミレーションゲームならではの緊張感と達成感が手軽に味わえます。

ストーリーが進むに連れて難易度に結構な歯応えを覚えます。完全放置でフルオートのような単調作業には決してならない味わい深い「難関」ゲームです。

関連記事

気に入ったらシェア!

apnetarium
この記事を書いた人: apnetarium
【終末のアーカーシャ】は詰まってからが面白いですね。編成や装備をいろいろいじくり回してバトルを突破してゆくところが特に面白いです。低レアキャラ達の活躍が多いところもポイントです。