FC2ブログ

【ルナ: ケルフィー山のドラゴン】リセマラ手順と序盤攻略のコツ【遊び方】

1008226-1_convert_20181008022727.png

ルナ: ケルフィー山のドラゴンのリセマラ手順や序盤攻略に関する情報をまとめました。【ルナ: ケルフィー山のドラゴン】を楽しむためのコツやポイントなども掲載しています。ルナ: ケルフィー山のドラゴンを初められた方やこれから始めてみる方は、是非参考にしてみてください。


ルナ:ケルフィー山のドラゴンとは

仲間となる傭兵を集めながら転生を重ね、キャラ・スキル・装備品などを強化し、最終目標であるドラゴンの撃破を目指します。
ドラゴンを倒すために必要な「ドラゴンストーン」を求め仲間達と共にステージ1000にいる「アモン」の元へと向かって行きます。

放置系2DセミオートバトルRPGです。

基本的に自動的に戦ってくれる「放置系」ゲームになりますが、ランダムに戦闘フィールドに出現する「バフボーナス」や「降り注ぐゴールド」など獲得するのに目が離せません。

「ルナ」(物語の主人公)が連れている「ドラゴンのあかちゃん」は画面タップで炎を吐くのでタップ連射で戦闘を支援したりなど退屈しない放置ゲームになっています。


ルナ:ケルフィー山のドラゴンの遊び方

1008230-3.gif

「放置系」RPGになり、自分でアクションプレイをして敵を倒すゲームではありません。
戦闘より主に監督面にゲーム性の要素が詰まっています。


チームデッキの育成方針を考える

チーム編成やレベルアップ・スキル強化や装備の分解・強化、そして転生するタイミングなど膨大なステージをクリアしてゆくための最強チームデッキを目指します。
特定キャラ一人を突出させてレベルアップするのか?チーム全体のバランスを均等に強化していゆくのか?育成戦略的なプランが重要です。


戦闘支援として戦場に参加

ルナ:ケルフィー山のドラゴンでは「ミステリーアニマル」と呼ぶペットのようなキャラが存在します。戦闘フィールドで戦っているチームを支援します。
ミステリーアニマルは何種類か存在し初期では火を吐く「ドラゴンのあかちゃん」が使用可能となっています。それなりに火力もあるので、画面をタップ連射してチームを支援します。
また、ランダムに戦闘フィールドに出現するボーナスアイテムも獲得すると時間制限付きのステータス強化もあるので「バフ」としての支援も行えます。


ルナ:ケルフィー山のドラゴンでのリセマラ

ゲームを進める上で攻略なるポイントの一つが「傭兵」の「リセマラ」です。
強い「傭兵」がチームに編成されているだけでステージクリアのスピードが圧倒的に違ってきます。
特に序盤では101ステージを越えては、転生を繰り返し主人公・傭兵・武器などを強化してゆく流れになるので、効率的にゲームを進める点でも「リセマラ」は必要です。

傭兵の星3を狙う

キャラのステータス値高さと強力なスキル面を戦力に加えたいので星3キャラを狙って行きます。

現在の「ルナ:ケルフィー山のドラゴン」では、ステージ101を初回クリアで「傭兵選択チケット」がプレゼントされるので好きな星3キャラを1体獲得できます。

傭兵ガチャから獲得出来る星3キャラが、あと1体もしくは粘って2体獲得出来れば合計3体になるので、即終了で良いかと考えます。


リセマラの目安となるステージ?

ステージ101です。

「リセマラ」にしては結構深いステージですが、転生ポイントとなるステージ101まで進めると、ミッション報酬やメッセージからの贈り物で「傭兵選択チケット」とスターストーン2500個程が集まります。スターストーンのガチャから消化して最後に「傭兵選択チケット」で好きな星3キャラを選択します。傭兵ガチャから星3が2体獲得出来ればリセマラ終了です。

転生してステージ1から本格的にゲームを進めて行きましょう。

リセマラ手順

①タイトル画面からゲームを始める
②ステージ101までゲームを進める。
③傭兵ガチャを引く
④星3キャラ2体以上なら⑤で終了
⑤最後に「傭兵選択チケット」で星3キャラ選択
⑥星3キャラが引けない
→「ドラゴンの間」に戻り「設定」からアカウントの初期化①からリセマラ工程



ルナ:ケルフィー山のドラゴンのゲームまとめ

1008226-3_convert_20181008022813.png

ルナ:ケルフィー山のドラゴンは退屈しない放置系RPGです。

合間、合間ゲームの進捗をチェックして楽しむ「放置系」と違い、自動的に進んでゆくゲームを見守りながらリアルタイムに「レベルアップ」「装備強化」「戦闘支援」など、手動で好きなタイミングでゲーム介入できゲームを面白くするポイントとなっています。

ゲーム攻略は、結果的にゲームを根気強く続けていれば放置していても攻略はある程度可能です。

ルナ:ケルフィー山のドラゴンはゲームの世界観や物語、愛嬌のある2Dキャラのアクションビジュアルなど、ゲーム攻略とは別のところにも楽しめる要素が丁寧に作り込まれており「退屈しない放置ゲーム」となっています。
関連記事