FC2ブログ

【グーグル】ゲーム参入・STADIA(ステイディア)とは?【サクッとまとめ】

グーグルが発表した「STADIA(ステイディア)」に関してのサービス概要・特徴をまとめています。グーグルの新しいゲームプラットフォーム「スタディア」が気になる方は、是非チェックしてみてください。

「STADIA」ステイディアとは?

20190321234935-01.png

グーグルの基調講演で「STADIA」(ステイディア)が発表されました。
「ステイディア」とは専用ゲーム機・ダウンロード・インストールを必要なく稀でもハイエイド(トリプルA)のゲームタイトルを遊べるストリーミングゲームサービスです。
4k画質&60fpsに対応し、将来的に8k画質にも対応予定。

スマホ・パソコン・あらゆる家庭用ゲームがあれば遊べるサービスということなので、ネットさえ繋がっていれば高スペックなゲーム機は、グーグルの強固なサーバーがゲーム機の役割を果たしてくれるということでしょうか。

「STADIA」wifi専用コントローラーの発売も決まっている模様。
既存のゲームコントローラーでも遊べるとのことです。
wifi専用コントローラーには「youtube」に簡単キャプチャー共有できるキャプチャーボタンが搭載されているので、ゲーム配信も手軽に出来そうです。

「STADIA(ステイディア)」サービスはいつから?

「STADIA(ステイディア)」の展開予定は、
米国・カナダ・イギリス・ヨーロッパエリアが年内とのことで、残念ながら日本は未定です。
また、「STADIA(ステイディア)」の料金体系なども今後のグーグルの発表待ちです。

ゲームが発展するポテンシャル

「State share」

「State share」は、ゲーム用の手軽なSNSツール。ゲームデータやスコアを友人達とSNSシェアしながら「挑戦」「対戦」「攻略」などへと遊び方を発展させることが可能です。

「Crowd play」

「Crowd play」は、「youtube」視聴者はボタンひとつでそのゲームへ移行できるとのことです。
配信者のゲームタイトルに視聴者が簡単に「参加」できる機能は、ゲーム実況の「生配信」でよく見かけますが、タイトルによって視聴者のゲーム環境が弊害になり見ているだけで終わることも...
こうした問題も「STADIA(ステイディア)」で解消される訳です。
ゲーム実況も「見る」から「参加」することが当たり前になりそうな予感。

「STADIA(ステイディア)」サクッとまとめ

「STADIA(ステイディア)」は、ゲームストリーミングは以前から別企業で行われていたので全く新しいサービスではありません。
ただ、遅延、サーバーダウン、ゲームラグなどの問題で、どの企業もいまひとつ上手くいっていないのが現状です。今回は、サーバーが膨大強固な「グーグル」がゲーム市場に新たなプラットフォームとして乗り出してくることで期待感が膨らみます。更にSNSや「youtube」との連携はグーグルの得意とするところで新たなゲームプラットフォームだけでは決して留まらないところも注目して行きたいポイントです。
そもそも参入してくる時点で既に大きな問題は片付いているのが「グーグル」です。「STADIA(ステイディア)」での「ゲームタイトル」や「料金体系」が気になるところです。

あわせて読みたい
関連記事