FC2ブログ

【自動戦闘】が通用しなくなってからが本気で面白いRPGがありました。

2019年05月12日
ラングリッサーモバイル攻略
スマホゲームで目にする「自動戦闘」や「オートバトル」さらには「完全放置」機能など、面倒に時間を割きたくない現代人には必要不可欠な便利ゲームツールです。「ゲームでも何でもなく、ただ画面を見てるだけじゃん。」と言う話は置いといて、「自動戦闘機能」が、あらゆる面で便利なのことは事実です。その便利機能が、ゲーム難易度により通用しなくなったとき、突如として「ゲームのおもしろさ」が姿を現すRPGが「ラングリッサーモバイル」です。

20190513011430-01.png

あれ!?こんなゲームでしったけ?

20190513013257-02.png

序盤とされるポイントが実際どこまでなのか不明ですが、「メインストーリー第15章」付近からゲームの様子が、おかしくなってきます。

キャラの育成もそれなりに施し、ストーリーを追いかける形で、クエストをガンガン「自動戦闘」で突破して来れた部隊が、この辺りを境に完膚なきまでの敗北を喫するようになってきます。ほどよいゲーム性で物語と世界観が楽しめる「生ぬるいRPG」が「本格戦術シュミレーションRPG」へと豹変します。キャラによるパワー任せの進め方では、もはや通用せず、敵戦力の分析や効果的な部隊編成、方針を定めたキャラの育成、そして、戦闘状況を有利に運べる作戦展開が必要となってきます。

序盤の90年代キャラのファンタジー、ファンタジーしたふんわり感は、どこへ消えてしまったのか...
「勝利へ」の条件が非常にシビアな戦いがつづきます。

ここからが「ラングリーサー」の醍醐味

e47c5ab96396-01.gif

AI任せの自動戦闘(オート)は解除して、思考する。

敵の属性、行動範囲や攻撃範囲をしっかり把握して、戦闘を進めます。味方を分断して進行する方がよいのか?合流させ、ひとまとめに進行する方がよいのか?また、誘き寄せて迎撃するか?突破して敵ヒーラーを絶つか?それとも...などなど、戦況に合わせて効果的な戦術を走らせ勝利を目指してゆきます。
他のタイトルでは味わえない一戦、一戦の濃厚さがあり、ゲームを面白くしてくれます。

戦闘以外にも、

味方部隊編成の見直し
現状まだ強化が可能なキャラは残っているか?
装備強化は十分か?限凸可能な装備は?
キャラのクラスチェンジ(職種)は、これで良いのか?

など、ゲームが詰まり出してから発覚する要素があり、取り組むことで部隊をより強化することが可能です。また、少しずつ強くなってゆくキャラの成長も楽しめます。

まとめ

20190513013722-03.png

「ランモバ」は、部隊レベル30付近、クエスト(時空の裂け目)3-5付近から、本格シュミレーションRPGとして急激に面白くなってきます。
これまでオートバトルで進んでこれたクエストやミッションは、一切決クリアできなくなり、しっかりと敵戦力の解析、作戦戦術が必要となってきます。もちろんキャラの育成も重要なのですが、キャラ一体でどうこうなるゲームではなくります。レベル30手前までは、序盤にして結構な道のりですが、「長いチュートリアルが終わった」と思い込めば納得できます。

ランモバは、自分のペースで「じっくり遊べるRPG」です。のんびりと進めてゆこうと考えています。
関連記事

気に入ったらシェア!